床ワックスを行う前に把握しておかなければいけない基本的な情報

アンテナ工事

地上デジタル放送が一般的になった現代ですが、地上デジタル放送を見るためにはアンテナ工事を利用しなければいけません。アンテナ工事を利用する時は地域密着型の業者を選ぶことで良心価格で工事をしてもらうことが可能です。

給湯器の見分け方

給湯器は様々な場所で活躍している魅力的な商品です。給湯器の性能は号数によって異なっており、自分が所有する号数を調べることで性能を確認することができます。号数の特徴をしっかりと学びましょう。

雪を片付ける

冬になると雪がふるのですが、雪が沢山積もってしまいますと日常生活に影響が出てしまう危険性があり、しっかりと除雪作業を行わなければいけません。除雪作業は雪の質で重さが変わるため、注意しなければいけません。

床ワックスの準備

床ワックスをかける前に準備すること

最近新築で家を建てられた方、マンションを購入した方はワックスがけの心配はあまりありません。最初からワックスがけ不要のフローリングを使っているフローリングが多いからです。しかし、ワックスがけが必要なフローリングであるにも関わらず、床ワックスをかけたことがない。という方は注意しましょう。ワックスはこまめに塗らないと大切な床が傷だらけになってしまいます。ここでは私の経験をもとに床ワックスの選び方について考えていきたいと思います。まず、床ワックスをかける前の下準備を始めましょう。それは古いワックスを徹底的にはがすことから始めます。実はこの作業こそが最も大切で、最も根気がいり、大変な作業です。ワックス剥離剤を使い、なるべく1平方メートル単位で、丁寧に落としていきます。大体20坪作業するのに1か月かかりました。業者に依頼するともっと簡単に落とせますがその分数万円の費用がかかるので、安くあげたいならば地道に作業することをお勧めします。床に黒ずみや汚れがない場合はそのまま上に塗れるワックスを塗るほうが楽に作業できます。

ワックスの種類と選び方

次にワックスを選びます。お勧めは様々な床に対応するベーシックな樹脂ワックスです。価格も安く、手軽に塗ることが出来ます。大体20坪ワックスがけをする場合でも1時間程度で完了します。はじめて塗る場合は、完全に乾いたあと、できれば翌日以降に2度かけします。これで半年ほどワックス効果が続きます。よく見る長期間ワックスがけ不要を歌った高級ワックスは家庭で使う場合にはあまりお勧めしません。実は擦れたり、古くなってくると黒く、汚くなってしまうものがあるからです。実際に2年間耐久8千円のものを使ってましたが、擦れたところなどが黒くなり、これを剥がすのは大変な労力でした。ハウスメーカーさんのお勧めもワックスがけするときに剥離の必要のない床ワックスが手間がなくお勧めとのことでした。通常の樹脂ワックスですと、落ちてきてもだんだん剥がれてくるだけで、その時また上からワックスがけをするだけで見た目も綺麗です。剥離の必要のないワックスをこまめにかけることで手軽に美しい床を維持できます。

厄介な雨漏り

台風や大雨によって生じることが多い雨漏りですが、雨漏りはすぐに修理をしなければいけないものとして有名です。雨漏りの修理をする時は、必ず業者の評判を確認しなければいけません。